これからの日本について語ろう

アイテム検索SEARCH

商品カテゴリから選ぶ
キーワードを入力
価格
 円 ~  円

ショッピングカートCART

合計数量:0

商品金額:0円(税込)



これからの日本について語ろう

spectator
1,028円(税込)
ポイント: 0pt(ポイントは商品発送時に付与されます)
お届け目安:3日後~
再入荷!!!



特集 「これからの日本について語ろう」



地震、津波、そして起こった原発事故のおかげで、僕らの日常は大きく変わってしてしまった。これから何を大事にして、どんな心で世界を見つめ、どこへ向かって進んでいくべきか?



さまざまな言説が飛び交い、僕たちの気持ちは今にも引き裂かれそうだけど、みんなの心を通わせて、新たな一歩を踏み出していくうえで、頼りになるのは、やっぱり「言葉」じゃないかとスペクテイターは考えた。

どうなる、どうする、311後の暮らし?「言葉」を使って活動している6人との対話のなかに、これからの日本の行方を探ろうと試みたロング・インタビュー特集。



大野更紗

1984年、福島県生まれ。作家。上智大学大学院在学中にビルマの難民問題に関心を抱き、民主化や難民問題に尽力するなかで、2008年、筋膜炎脂肪織炎症候群と皮膚筋炎という難病を発症。約二年に渡る壮絶な闘病体験を綴ったノンフィクションの著書『困ってるひと』(ポプラ社)がベストセラーとなる。



菅原文太

1933年、宮城県生まれ。73年に始まる『仁義なき戦い』シリーズ、75年に始まる『トラック野郎』シリーズが大ヒット、日本を代表するスターとなる。テレビドラマ、CM、ナレーター、声優など幅広く活躍、近年は自ら農地を耕し、農業に関する講演活動も行っている。



藤原辰史

東京大学大学院講師農業生命科学研究科農業・資源経済学専攻。農業史研究室講師。1976年、北海道生まれ。2002年、京都大学人文科学研究所助手を経て、09年から現職。専攻は農業思想史・農業技術史。著書に『ナチス・ドイツの有機農業——「自然との共生」が生んだ「民族の絶滅」』、『カブラの冬——第一次世界大戦期ドイツの飢饉と民衆』などがある。



高城剛

1964年、東京都生まれ。日大芸術学部在学中に「東京国際ビデオビエンナーレ」グランプリ受賞。その後、メディアを超えた活動を展開。コミュニケーション戦略と次世代テクノロジーを専門に、創造産業全般にわたって活躍。著書に『「ひきこもり国家」日本』、『オーガニック革命』、311以降の日本への提言を綴った最新刊『時代を生きる力』がある。



正木高志

1945年、熊本県生まれ。60年代なかばからインドを遍歴し、インド哲学を学ぶ。80年に九州・阿蘇山麓で帰農。2000年から植林活動をはじめる。日本の原発地帯や韓国などを歩いて巡る「walk9」を主宰。現在は無農薬の茶園を営むかたわら講演や執筆などをおこない、ヴェーダーンタ哲学の翻訳も手がけている。森林ボランティア《森の声》主宰。著書に『木を植えましょう』、『出アメリカ記』、『空とぶブッダ』など。



原田美佳子

メディポリス医学研究財団がん粒子線治療研究センター医師。1968年、大分県生まれ。現在、メディポリス指宿において、アリゾナ大学アンドルー・ワイル博士の掲げる〈自然治癒力〉を癒しの原点におき、からだの部分のみならず、こころを含めた全人的な診療を行う「統合医療」を展開。日本外科学会専門医、日本ホメオパシー医学会専門医。鹿児島大学心身医学科臨床教授。





その他のコンテンツ



■Camino de Ayahuasca アヤワスカの道

アワヤスカと呼ばれる植物を使っておこなわれる、アマゾン奥地に伝わる伝統的な儀式の体験ルポ。

文・写真/高崎咲耶子



■Madrid 2 Warsaw 疾走3000キロ! ヨーロッパ縦断自転車旅行&レース転戦記

夏のヨーロッパで開催されたメッセンジャー世界大会を目指して、スペインからポーランドまで約3千キロの道のりを女性二人が自転車で走破! オン・ザ・ロードな旅のレポート。

文/小川有紀(YUKI)  写真/河合良輔、小川有紀、トンプソン瞳美、竹本papas亮太



■ヴィパッサナー瞑想体験記

文・写真/NUMA

一切の会話や食事を制限されて、十日間ひたすら瞑想にふけるインドに伝わる瞑想法。約10日にわたる瞑想体験の先に見えたものは?



■ 山の知恵と海の記憶

いつまた起こるかも知れない災害に備えて、大自然のなかに分け入って生き延びる技術を身につけてみよう。いにしえの民の知恵をもとにおこなった野外生活の実践レポート。

絵・文/坂本大三郎



■ 被災地の声 加害者の声

「東電の社員も被爆している。それは聞いたことがない現実だった」福島第一原発で働く人々の声。

文・写真/デコート・豊崎アリサ



■証言構成『COM』の時代 あるマンガ雑誌の回想 1967-1973 番外編

手塚治虫が発行を手がけ多くの漫画家を輩出した雑誌『COM』。当時の寄稿者による貴重な回想録

証言/松本零士、長谷邦夫、小野耕世
数量:

この商品に対するお客様の声

■ お支払について

代金引換:
商品の届け時に配達員にお支払ください
クレジットカード:
「JCB」「VISA」「マスター」「ダイナースクラブ」「アメリカンエキスプレス」がご利用いただけます。
振込先
振込先 山陰合同銀行 鳥取営業部 普通3345272
ランブル

■ 送料について

商品代金以外に下記料金が別途かかります。

北海道・沖縄1,000円
東北600円
関東・信越500円
北陸・中部500円
関西500円
中国500円
四国500円
九州500円

■ 支払期限

当店よりご注文確認通知後、3日以内にお支払ください。代金引換払いをご利用の際は、商品到着時にお支払ください。

■ 引き渡し時期

ご注文代金の入金確認後、1~3日(定休日は除く)以内に発送いたします。
※商品欠品などにより発送に時間のかかる場合がございますので、あらかじめご了承くださいませ。

■ 返品・交換について

返品・交換をご希望される場合は、商品到着後3日以内にご連絡ください。
商品が異なるものや不具合のあるものは、当店の送料負担にて交換または返金いたします。
お客様のご都合による返品の場合、送料はお客様でご負担ください。
なお、一度ご利用された商品、到着後3日以上経過した商品、お客様のお手元で 傷や汚れが発生した商品などの返品・交換はご容赦ください。