Wax Poetics Japan No.06

アイテム検索SEARCH

商品カテゴリから選ぶ
キーワードを入力
価格
 円 ~  円

ショッピングカートCART

合計数量:0

商品金額:0円(税込)



Wax Poetics Japan No.06

waxpoetics
1,257円(税込)
ポイント: 0pt(ポイントは商品発送時に付与されます)
お届け目安:3日後~
再入荷!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



Michael Jackson

東京、2009年6月26日朝。マイケル・ジャクソン死去のニュースが日本中を駆け巡っていた。その夜、ラファエル・サディークはブルーノート東京でのライヴを急遽「I Want You Back」から始めた。ニューヨーク出身の怒れるタップ・ダンサー、オマー・エドワーズが2009 年7月、横浜ランドマーク・ホールで行われた『ハーレム・ナイツ8』で、「Heartbreak Hotel」と「Man in the Mirror」でタップを踏んだ。今回のこの長編特集はマイケルの幼少期から〜名盤「Off the Wall」までの期間について深く掘り下げ、どのようにして「King of POP」の称号を手に入れたのかを探る。歴史的偉人の爆発前のストーリーである。



Gamble and Huff

ケネス・ギャンブルとレオン・ハフの会話を聞いていると、まるで長年連れ添った老夫婦の掛け合いを見ているかのようだ。それよりも、2人の叔父と話をしているようだ、と言った方が正しいかもしれない。一方には、控えめながらも理路整然としたアンクル・レオン。アイヴィー・リーグの終身教授のような何気ない優雅さで、過去の思い出を易々と振り返っている。もう一方には黄金の舌とアンクル・ケニー。「少年をストリートから切り離しても、少年からストリート魂を切り離すことはできない」を良い意味で体現している。



The Latin Quarter

最初にはっきりさせておこう。ヒップホップにとって、ラテン・クオーターのような場所は、後にも先にも例のない稀有なものだったということを。カントリー・ミュージックにはグランド・オール・オプリ、ジャズにはバードランドとミントンズ・プレイハウス、1960 年代のロックン・ロールにはフィルモア・ウェストとイーストがあったように、1980 年代後半のヒップホップには、ラテン・クオーターがあった。ヒップホップのリリック中で幾度となく神格化され、今でも伝説的アーティストやワナビーから崇められている。



Dennis Coffey

1968年の夏の暮れに、ベテランのセッション・ギタリストであるデニス・コフィーは、デトロイトのウェスト・グランド通りに位置するモータウンの著名なヒッツヴィル・スタジオに姿を現し、その地下にあるスネーク・ピット・スタジオへと降りていった。プロデューサーのノーマン・ウィットフィールドに呼び出された彼は、既に偉大なハーモニー・クィンテットとして知られていたテンプテーションズの「Cloud Nine」のバッキング・トラックで演奏することになっていた。



Lord Finesse

ある晴れた、穏やかなブルックリンの午後。ロバート・ホールの喜びそうな日だ。ロード・フィネスの名で知られる彼は、今日もレコードを探しにブルックリンを歩き回ってきた。D.I.T.C. クルーの創立メンバーであるフィネスにとって、レコード探しは日課のようなもので、それがもう何十年も続いている。 D.I.T.C.(Diggin in the Crates)は80年代終わりから90 年代初期にその頂点を極めたグループだ。ブロンクスを拠点とし、才能豊かな錚々たるメンバーが集結していた。



A Tribe Called Quest

ヴァイナル・アスリート=MUROならではの選盤連載“初の番外編”。そのネタとなるのは、MURO自身がセレクトした日本企画ア・トライブ・コールド・クエストのベスト・アルバム『サンプリング・ルネッサンス』。



David Newman

テキサス州、とりわけダラスやフォートワースは、これまで数々の偉大なテナー・サックス奏者を生み出してきた。例を挙げればきりがないが、デヴィッド“ファットヘッド”ニューマンもそういった名プレーヤーの1人だ。9dw

日本のジャズ・ファンク・フュージョン・バンド、9dw のリーダーに最も影響を受けた人物を尋ねてみよう。真っ先に「父親」が挙がるはずだ。「子供の頃から、いつも音楽が部屋でかかっていました」と斉藤健介は語る。Nagaoka

ワックス・ポエティックスを手にしているミュージック・フリーク / レコード・ディガーの諸兄には、プライベートなリスニング環境として、もしくは夜を彩る神聖な仕事場としてDJブースは身近な存在だろう。The New Mastersounds

「昨日まで行っていたバルセロナは最高に晴れていたのに、帰って来たらどんよりとした雨。典型的なリーズの天気だよ」と電話越しにため息をつくのは、ザ・ニュー・マスターサウンズのリーダー兼ギタリストのエディ・ロバーツだ。



Auteur Jazz

「オトゥール・ジャズは最初、マッドリブのイエスタデイズ・ニュー・クインテットとオーネット・コールマンの『The Shape of Jazz to Come』を融合してみようというアイデアから始まったんだ」laidbook

独自の視点で選び抜いた黒いグルーヴを発信するレーベル、origami PRODUCTIONS。現在、このインディ・レーベルが鳴らすクールな音楽に、数多くの人が心を奪われている。ここにまた新たなプロジェクトが始動した。



Pete Holdsworth

レゲエ専門リイシュー・レーベルとして、コンスタントなリリースを続けるプレッシャー・サウンズ。このレーベルが世界中のレゲエ・マニアから絶対的な信頼を得ている理由は、決して1つに限ったことではない。SOIL & "PIMP"



SESSIONS

ワールドワイドに躍動するバンド、SOIL & "PIMP" SESSIONSが、また新たなオリジナル・アルバムを完成させた。DEATH JAZZ と表現されるその音楽性を武器に、バンド結成以来、あらゆる音楽の定型や既成概念を打ち破ってきたSOILの面々。



Gilles Peterson

ジャイルス・ピーターソンが主宰するブラウンズウッド・レコーディングスのニュー・タイトルは『Gilles Peterson presents Havana Cultura - New Cuba Sound』だ。キューバの首都ハバナの音楽シーンに焦点を絞った2枚組コンピ。



Jose James

パナマ人の父親とアイルランド系の母親のもとミネアポリスに生まれ、ワシントンDCを経てニューヨークで“ジャズ修行” をしていた若武者は、ブラウンズウッドと契約を交わし、ロンドンから世界に羽ばたいた。



Timo Lassy

ティモ・ラッシーは、言わずと知られたファイヴ・コーナーズ・クインテットのフロントマンだ。フィンランドのニュー・ジャズ・シーンを牽引し、母国フィンランドのみならず、ワールドワイドにその波を伝えることに成功した。



Crown City Rockers

北カリフォルニアのベイ・エリアを拠点に活動するクラウン・シティ・ロッカーズは、もともと2001年にミッション名義で『One』をリリースして注目を浴び、世界的に最もエネルギッシュなヒップホップ・バンドとして知られている。



Mamas Gun

もう20 年以上前のことだ。レア・グルーヴを謳ったクラブ文化が成熟し始めていたイギリスでは、ジャジーBによるグラウンド・ビートが人気を集め、一方でジャイルスが提唱したとされるアシッド・ジャズが勢力を増していた。



DJ Cam Quartet

今なら彼、DJカムのことをカルテットのリーダーとして知った人も少なくないのかもしれない。90 年代半ば、アブストラクトなビートを奏でるDJ / プロデューサーのフランス代表として頭角を現したDJカム。



Mad Mats

クラブ・ジャズ、ソウル、ハウス、テクノ……。ちょくちょくレコ屋に行っている人なら、どんな趣味だったとしても幾度となく目にしているだろうRaw Fusionのレコードたち。店員はどのコーナーに置けばいいか、頭を悩ませているに違いない。



GAGLE

「毎回、この1枚で(メジャーからのリリースは)最後っていう意識を持って、今ここでやれることはなんだろう?っていう設定をしてる。自分たちだけになってもできるまでなるように経験を積もう、その経験値を上げるためにやってる意識もあります」



BULLJUN

ラフでタフなヒップホップ・ビートの桃源郷。宮崎、東京、ニューヨーク。漂泊の旅を続けるビート・メイカー= BULLJUNが、ここにまた新たなアルバム『BULLJUN & FUNKY PRESIDENTS 2029』をドロップした。鎮座DOPENESS

日本人ラッパーに興味あるだろうか? それも最近のアーティストについて。ワックス・ポエティックス・フリークには少々酷な質問かもしれないが、この鎮座DOPENESSというMCは押さえておく必要がある。



12inch Laboratory

こんにちは! 近頃やたら使われている「ブギー」って言葉を使いたいのに使い方がわからない岩沢です。そんな世間知らずでも無事2回目を迎える事が出来た今回はモダンにしようか、デスコにしようか、はたまたUSモノ以外にしようか。



Styles from the Outer Dimensions

夜中に近づくと、無限方程式マザーシップが空中に姿を現した。マザーシップがライム・マシンを惑星に送信すると、全ての生物がライムとロックし、それぞれの可能性を最大限に活かすようになった。



ヴァイナル駅伝

昭和の香り漂うドメスティック音楽、日本盤見直し運動も兼ねて、その個性の1つであるタスキ(帯)や、差込ジャケのドーナツ盤にも着目したヴァイナル・アスリート=MUROならではの選盤連載。その第5回のお題はR.I.P.M.J
数量:

この商品に対するお客様の声

■ お支払について

代金引換:
商品の届け時に配達員にお支払ください
クレジットカード:
「JCB」「VISA」「MASTER」「ダイナースクラブ」「アメリカンエキスプレス」「AEON」「楽天」等がご利用いただけます。
銀行振込/振込先
振込先 山陰合同銀行 鳥取営業部 普通3345272
ランブル

■ 送料について

合計金額¥11,000以下の場合は下記送料が別途かかります。

北海道・沖縄1,000円
東北800円
関東・信越700円
北陸・中部700円
関西700円
中国700円
四国700円
九州700円

■ 支払期限

銀行振込選択の方は注文後、3日以内にお支払ください。代金引換払いをご利用の際は、商品到着時にお支払ください。

■ 引き渡し時期

1~2日以内に発送いたします。(定休日は除く)
※受注時間によってご希望日時にお届け出来ない場合が御座いますが、予めご了承下さいませ。

■ 返品・交換について

返品・交換をご希望される場合は、商品到着後3日以内にご連絡下さい。
商品が異なるものや不良のあるものは、当店の送料負担にて交換または返金致します。
お客様のご都合による場合は送料はお客様でご負担下さい。
なお、一度ご利用された商品、到着後3日以上経過した商品、お客様のお手元で 傷や汚れが発生した商品などの返品・交換はご容赦ください。